企業で働く女性たちへの投資
それは、競争を勝ち抜くために必要不可欠な戦略です
 

女性従業員への投資

競争の激化する今日の世界市場において、従業員がその企業の消費者や顧客、社会全般を反映していることは、大変重要な要素となります。 女性は世界人口の半数を占め、その購買力は、中国とインドのGDP合計を上回ります。 また、家庭における女性の購買決定権は9割以上にのぼります。

世界の消費者人口統計の変化とともに、アジアにおける労働人口の減少・進行する高齢化・優れた人材をめぐる激しい競争といった要因も相まって、企業が今ある優れた社員をいかに引きとめ、彼らの能力を育成していくべきかに着目するべき時代が到来しているのです。

女性が男性より優れているというのではなく、女性は男性とは異なるが故に、異なるスキルや強みを職場にもたらす存在なのです。

様々な研究結果が示すとおり、女性のスキルをより効果的に活用することが、ビジネスの向上につながっています。 世界における取締役会に占める女性の割合は今だに7%台ですが、 日本では,、さらに、その割合が1%にも満たないという調査結果があります。 その一方で、経営幹部に女性の多い企業は、少ない企業に比べて、 高い利益率を示しています1。

あなたの企業で働く女性雇用者は、既存顧客との重要な架け橋であり、 また更に重要なことには、競合他社の顧客との架け橋にもなりうるのです。


相次ぐ研究結果の示すとおり、女性の持つスキルをより良く活用することが ビジネスの向上につながるのです。


相次ぐ研究結果の示すとおり、女性の持つスキルをより良く活用することが ビジネスの向上につながるのです。

研究によると、女性はいくつかのリーダーシップにおける重要な要素 -例えば結果への意欲、チームビルディング、コミュニケーション、変化 への順応-といった点で、男性よりも優れた能力を示すそうです2。 「Women Talk Business」のワークショップは、女性特有のこうしたスキルを 活かし、強化し、また日常的に活用するために、開発されています。 この革新的なワークショップは、女性によって、女性が、女性リーダーに ふさわしい言語を用いるために、考案されたのです。


1www.catalyst.org
2Zenger Folkman